関東医療情報センターは、昭和55年に医療システムを取り扱う会社として設立いたしました。
 当初は医事システムに特化したセンター集中型のコンピューターシステムを運用しておりました。現在では医療機関と当センターのそれぞれにサーバーを設置し、分散集中型システムの運用と保守、開発を行っております。取り扱うシステムも、医事システムからオーダリング、電子カルテ、DPC分析システムへと進展しております。
 今後も医療システムに特化した情報センターとしての役割を全うすべく、効率の良い大規模ネットワークの構築と医療システムとのジョイントを行ってまいります。
 また、各医療機関からのデータの集約と編集についても、集約データを分析し、医療機関経営の一助となるべくあらゆる経営支援をさせていただく所存です。
 ハード・システム・ネットワークの運用と開発、PC、プリンター、サプライ品、周辺機器の販売、並びにデータの集約と編集など、医療機関の皆様にご満足いただけるサービスを提供することが当センターの使命であると考えております。

 今後は、顧客満足を第一とし、既存のサービスにとどまらず新たなサービスを創出し提案して参ります。また、企業倫理やコンプライアンスの徹底等、皆様ご信頼頂けるよう内部統制の充実に引続き注力してまいる所存でございます。

今後共、皆さま方のご支援・ご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

株式会社 関東医療情報センター

代表取締役社長
伊藤 学