昭和55年 中央医科薬品前野町支店 関東医療情報センターとして発足
第一世代 医事センターシステム稼働 (ホストコンピューター)
昭和59年 株式会社 関東医療情報センターとして分離独立
平成  元年 第二世代 医事センターシステム稼働 (メインフレーム)
平成  9年 第三世代 医事センターシステム稼働 (Windows NT 4.0 Server)
平成18年 第四世代 医事センターシステム稼働 (Windows Server 2003)
平成22年 DPC分析システム稼働 (MEDI-ARROWS)
CMSグループ内のベンチマーク機能を提供。
平成25年 第五世代 医事センターシステム稼働 (Windows Server 2008)